• トップ
    • なくそう暴力団
    • 暴力団に関するご相談
    • 暴力団追放3ない運動
    • 追い出せ暴力団事務所
    • 暴力団情勢
    • 暴力団対策法
    • 27の暴力的要求行為
    • 組への加入強要等の行為
    • 暴力団排除条例
    • 企業指針
    • 対応要領
    • 具体的な対応要領
    • 暴力団排除条項の導入
    • 機関紙の送りつけに注意
    • 仮処分の活用
  • 暴追センターとは
    • 組織体制
    • 情報公開
    • 賛助会員募集
  • 暴追センターの活動
    • 暴追センターの活動
    • 暴力団に関するご相談
    • 不当要求防止責任者講習
    • 暴力追放協力店申請
    • 暴追DVDの貸し出し
  • リンク
暴力団追放兵庫県民センター メールによるご相談

 トップページ ≫暴力団情勢 ≫なくそう!暴力団 ≫暴力団追放3ない運動+1
暴力団追放3ない運動+1とは
暴力団を利用しない!
全てを「金づるにする」−それが暴力団の姿勢です−
暴力団を利用したつもりが、骨の髄までしぼられます。
暴力団はタダでは動かず、法外な金を要求されます。
暴力団は、相手が弱い、甘いと見ると、トコトン食らい付き離れません。
暴力団を恐れない!
恐れは「誤ったイメージから」−恐れることは暴力団を助長させる−
暴力団は怖いものではありません。皆で相談し合い、団結して対応しましょう。
暴力団を恐れず「存在を許さない」と皆で対決姿勢をもつことです。
暴力団に金を出さない!
金が「腐れ縁の元」−暴力団を支援・容認することになる−
暴力団に金を出すことは、結果的には暴力団を認め、資金獲得の手助けをすることになります。
暴力団は、一度味を占めると、何回も金を要求し続けてしぼり取るのです。
暴力団は、自らの遊びや組の活動資金を常にかぎ回っているカネのための集団です。
暴力団と交際しない!
交際は「暴力団の活動を助長」−暴力団はあらゆる機会を狙って近づいてくる−
暴力団と関係すること自体が不当要求のきっかけになることがあります。
暴力団と交際していると「暴力団と社会的に非難されるべき関係にある者」とされ、公共事業等から排除されることがあります。

このページのトップへ    

copyright The Hyogo Prefectural Center for the Elimination of Boryokudan Allrights Reserved メールによるご相談